• お知らせ
  • 河北新報朝刊『みやぎ仕事人列伝』に紹介いただきました

  • 2020/05/27

2020年5月27日、河北新報朝刊『みやぎ仕事人列伝』大きく紹介いただきました。

以下、記事全文

************************************************************************

みやぎ仕事人列伝

地元経済界注目のキーパ ーソンにフォーカスするシ リーズ。

今回は仙台市泉区将監の住宅街にアトリエを構え、セミオーダーの婦人 服ブランド「Atta(あっ た)」を主宰する斎藤ひとみさん(38)です。
シンプル、フェミニン、どこかクラシック―。無地の天然素材を使ったブラウ スやワンピースがメインの Attaの服には、そんな言葉が似合う。「目指しているのは動き やすくて、くつろげて、品のいい普段着です」。着想のベースは2児の母、主婦としての自分。そこに古い洋 画や雑誌をヒントにデザインを書き起こし、年2回、新作を25点前後発表する。販売は対面が基本。アトリエで商品の見本を試着しても らい、気に入ってもらえれ ば2カ月前後で仕立てる。
本格始動は2018年秋。口 コミでじわじわと評価を高め、昨年は600着を納めた。 愛用者は20代から70代までと広く、県外から訪れるフ ァンもいる。 理由は明快だ。客からの 「身幅を少しゆったり」「着丈を長めに」といったサイズ調整のみならず「襟は丸ではなくVに」「素材は綿から麻に」といった変化球も柔軟にキャッチ。
ブランドの流儀を押し売りしない しなやかさに、Atta流の心地よさがある。実際、客の半数以上がサンプルに独自のアレンジを加えてオーダーし、自分だけの一着を手にしている。
「服の悩みや希望は人それぞれ。自分の好みを反映させることで、欲しい物が『あった!』となれば私たちもうれしい。屋号には、そんな願いを込めました」 針仕事は小さいころから 得意だった。起業のきっかけは年春、出産後に始めた子育てサロンで既成の授 乳服を仲介し、好評を博したこと。大学卒業後の会社 勤め当時から起業に憧れていたこともあり、一念発起。 築45年の昭和レトロな雰囲気をたたえた義祖父母の旧 宅を拠点に創作を始めた。エプロンや子供服作りを足掛かりに事業を広げ、今では縫い子4人を抱える。 とはいえ、7歳と4歳の娘を育てながらの事業。ア トリエは土日が休みで、平日の接客も完全予約と制約は大きい。それでも事業をさらに伸ばしスタッフの待遇も改善したいと今月、オンライン販売にも挑戦。サイトに商品を並べ、来店が難しい人や既製服から試したい人にも間口を広げる。
「服を通じて着る人の暮らしを少しでも豊かにしたい。
通販が広がってもこれまで通り、お客さまとの出会いを大切に、その人らしさをかなえる服を届け続けます」。飾らない決意の言葉があった。

さいとう・ひとみ1982年仙台市生まれ。法政大卒。IT 企業勤務、結婚・出産などを経て2014年起業。18年の秋冬から定期的にコレクションを発表している。
アトリエは仙台市泉区 将監11丁目14の6。近くで夫、2児と暮らす。

**************************************************************************

2014年に起業してから今まで6年間のあゆみを、ギュギュっとまとめてご紹介いただきました。

私が取材を通して思ったことは、記者さんの知性のすばらしさです。
地元にもこんなに知的な記者さんがいるんだな!と、今回の取材のやりとりを通じてすごく学びました。
私が暮らしている地域の出来事を、河北新報の皆さんが日々取材して、取り上げて、みんなに伝えている。

地元の新聞社に素敵な人がいて嬉しい。
そんなことを、じんわり思う体験となりました。

また、記事の中で、私が一番うれしかったところは・・・
ブランドの流儀を押し売りしないしなやかさに、Atta流の心地よさがある。という表現でした。

記者さんさすがです!

益々しなやかに成長したいと思います。

素敵な広告に仕立ててくださった河北新報社の皆様、ありがとうございます。
また、日々Attaを応援してくださっているお客様方、本当にありがとうございます。
私達がチームとして成長し続けている理由は、お客様たちのひとつ、ひとつのオーダーがあるからです。

重ねて感謝申し上げます。

 

そして、はじめてAttaを見つけてくださったお客様へ。
興味を持っていただいてありがとうござます、Attaはちいさなアットホームな工房です。どうぞお気軽にお問合せください。

 

2020年5月27日 「想いをカタチに、針しごと」 Atta 斎藤ひとみ

 

© 2020 Atta 仙台の天然素材のオーダーメイド店

ページトップへ